MEDICAL
INFORMATION

診療案内

診療項目
Types of medical care

  • 一般歯科
  • インプラント
  • ホワイトニング
  • 審美歯科
  • 予防歯科
  • 矯正歯科
  • 入れ歯・義歯
  • メタルフリー治療
  • 小児歯科・矯正
  • インビザライン

矯正歯科
Orthodontics

出っ歯や八重歯、デコボコの歯並び、受け口、すきっ歯等、問題のある歯並びのことを不正咬合といいます。 矯正治療は、これら不正咬合の見た目を綺麗に整え、噛み合わせのバランスを改善し、しっかり噛めるようにする治療です。

アクアシステム

アクアシステムは従来の矯正装置と違い、ワイヤーを付ける必要がありません。アクアシステムは透明のマウスピース型の透明な歯科矯正装置を付け替えていく、という全く新しい治療方法です。 今までワイヤーを付けるのが恥ずかしいと思われていた方でもこれなら気にならないと言われる方が多いです。

アクアシステムのメリット

  • 目立たない
    ワイヤーは恥ずかしくて付けられない。そんな方へおすすめなのがアクアシステムです。
  • 取り外しが自由
    どうしても人前や記念写真など、気になる時に取り外しができます。食事の時でも取り外して食べることができるので、食べ物に気をつかう必要はありません。
  • 虫歯になりにくい
    取り外しが自由なので毎日のブラッシングもキレイに磨くことができます。もちろんブラッシングの方法もしっかりとレクチャーさせていただきます。
  • ホワイトニングも同時にできます。
    歯並びをキレイにするのと同時にホワイトニングで白い歯にできます。
  • 発音しやすく違和感が少ない
    通常のワイヤー装置の場合、なれるまで発音がしづらいですがマウスピースの場合、違和感なく話しやすいです。
  • 治療費がリーズナブル
    同じく目立たない矯正装置として裏側から装置を付ける方法がありますが、裏側からの矯正に比べて料金的にも手軽に矯正ができます。
  • 金属アレルギーの方でも大丈夫
    金属を使わないので、アレルギーのある方でも治療ができます。

入れ歯/義歯
Dentures / dentures

歯を失った部分に人工の入れ歯を入れる治療法です。 歯を失った場合の治療法は様々ですが、口腔内の状況によっては入れ歯(義歯)が最適となる場合もありますので、まずはご相談ください。 また、現在入れ歯を使用していて、「痛みがある」「お口に合っていない」「外れやすい」「装着感が気になる」等のお悩みがある場合、無理に使用を続けるとお口の健康を損なう可能性があります。このような場合も、まずは一度ご相談ください。

リプロデンチャー

保険の入れ歯は金属のバネの隙間に食物などの混入は避けられませんでした。 リプロデンチャーは、歯のアンダーカット部分にシリコンを裏装することで隙間を塞ぎ、包み込むように維持するため異物混入がなく、審美性に優れた“快適な義歯”を提供することができます。

名前 審美性 適合性 違和感 長所 短所
  • リプロデンチャー
  • コバルトクロム床
  • 自費義歯
★★★ ★★★ ★★★ ☆バネが見えにくいので入れ歯だと気づかれにくい。 ☆薄く作れるので違和感が少ない。 ☆構造、材料等に制限が少なく患者様のニーズに柔軟に対応できる。
  • ・定期的に健診
  • ・メンテナンスが必要
  • ・構造が複雑
  • ・精密な為、制作日数がかかってしまう
  • コバルトクロム床
  • 自費義歯
★★ ★★ ★★
  • ☆頑丈で壊れにくい
  • ☆薄く作れるので違和感が少ない
  • ☆構造、材料等に制限が少なく患者様のニーズに柔軟に対応できる。
  • ・定期的に健診
  • ・メンテナンスが必要
  • ・構造が複雑
  • ・精密な為、制作日数がかかってしまう
保険義歯
  • ☆保険が適用できる
  • ☆修理、調整が容易
  • ・構造、材料等に制限があり患者様のニーズに柔軟に対応できない事がある

メタルフリー治療
Metal-free treatment

メタルフリー治療とは金属を使用しない歯科治療のことです。現状一般的な歯科保険治療では「詰め物」「かぶせ物」で主に金銀パラジウム合金という金属が使用されております。しかし金属アレルギーの可能性、硬度の問題、審美性の観点から言っても口腔内にとって決してベストな状態とは言えません。

そこでジルコニアやセラミックスのようなより天然性の高い素材を使用することにより、より安全で美しい状態を保つことができます。

お口の中の金属アレルギー

金属アレルギーを気を付けていても上記のような口腔内の金属には無頓着な方もいらっしゃいます。昔に装着した金属の詰め物が時間が経つことでとお口の中でさび、金属イオンが溶け出してしまいます。体内に入った金属イオンに対して免疫反応が起こると、アレルギー症状が現れるのです。口腔内が原因だとしても症状自体は身体の他の部位に発症することもあります。現状金属の詰め物をされていてアレルギーが心配な方、これから処置を施そうと考えている方、お口の状況、素材の種類によって費用も変わってくるので、まずはお気軽にお問い合わせください。

小児歯科・矯正
Pediatric dentistry and orthodontics

こどもの時期にいかに健康なお口でいられるかで大人になってからのお口の環境も変わってきます。目の前のむし歯の治療は勿論のこと、生え変わり時期の歯全体のケア、将来的に健康なお口でいるための予防ケアなど、日々成長しているこどもならではの口腔内環境に応じたトータル的な治療を施します。

また「歯医者さんは痛くて怖い」というイメージを持っているお子さんに対し、安心して治療を受けていただけるように最大限の配慮をしてあげることも、こども歯科では大切なことです。当クリニックでは保護者の方と協力し、こどもが安心して通うことのできる歯医者さんを目指しています。

こどもの矯正

歯並びの悪さは見た目の問題だけでなく、歯磨きの際の磨き残しのリスクを高め、結果的に歯周病やむし歯の原因になります。そのため小さい頃から歯並びを綺麗にしておくことで、生涯的なむし歯や歯周病のリスクを抑えることにつながります。 また大人になってからの矯正では抜歯を要することがありますが、歯が生え変わっておらず成長段階にあるこどもの時期であれば、成長するお口の環境を正しい形へと誘導してあげる治療になるため、負担も少なく済みます。

いつから矯正治療をし始めるか?

こどもの矯正は0~6歳の乳歯列期と6~12歳の混合歯列期に当たりますが、どの時期からの治療が適切かは人によって変わってきます。

乳歯列期(0~6歳)
乳歯のみの時期
混合歯列期(6~12歳)
乳歯と永久歯が混在している生え変わりの時期
永久歯列期(12歳~)
第一大臼歯まで永久歯が生えそろっている段階。

まずは早い段階でご相談して頂いて、矯正を始める適切な時期を見極めることが大事です!

CONTACT US

お問い合わせ

歯に違和感がある・痛みを感じる・口内を白くきれいにしたい等、少しでも気になることがあれば
悩まずお気軽にご相談下さい。ご連絡お待ちしています。

  • 診療時間

    診療時間に関するお問い合わせも、お電話で承っております。

    診療時間
    9:00~12:30
    14:30~19:30

    ※金曜日 16:00~19:30/土曜日 13:30~16:30/日曜日 9:00~13:00

  • 診療カレンダー

     2024年03月 
         
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
          

    午前診のみ 休診日

〒537-0002 
大阪府大阪市東成区深江南1-6-7